Dr.Seuss’s THE LORAX

こんにちは。

イギリスは冬時間になってからぐっと日が短くなり、気温も一気に下がってきました。

週末の過ごし方も徐々にインドア傾向になってきます。。。先週はロンドンの OLD VIC シアターに行ってきました。演目は [  Dr. Seuss’s THE LORAX ] でした。

Dr .Seuss は「Cat in the hat」でおなじみの児童書の小説家です。

The Lorax も70年代に出版された児童書です。5年ほど前にアニメーション映画化されたので、そちらで覚えている方もいるのではないでしょうか?

子供用に作られた話とはいえ、実はとても環境問題を切実に訴えた深い内容なのです。

今回は歴史あるシアター OLD VIC にて、このストーリーをパペットを交えてイギリスの俳優陣とともに

2時間半の演目にまとめ上げられています。出演者は16名のみ。一人何役も入れ替わり立ち代りこなしています。

主演はDr.Who や Sherlockにも出演する Simon Day。 パペットのデザインから舞台美術、何もかも手作り間が満載なのですが、その手作りはそれぞれのプロによって完璧に表現されています。

私達も前知識なく飛び込んだのですが、始まったとたんあっという間に引き込まれてしまいました。

この舞台演目だけではなく、ここで観る舞台は全てシアターそのものの雰囲気もかなり影響しているように思います。

ロンドンのWaterloo駅から徒歩2分の場所にあるこのシアターは昔から多くのシアターピープルに愛されているのです。歴史は長くなんと1818年にまでさかのぼります。名前の VIC はビクトリア女王からとられ、

昔の雰囲気をそのまま残した内装にこじんまりと暖かな雰囲気、演じる俳優達の熱気を身近でみれる貴重な存在なのです。

世間を騒がしているケビン・スペイシーもこのシアターで何度も演じ、2004年にはこのシアターのアートダイレクターに就任したこともあって、残念なことにここ数日は全く違った意味で毎日ニュースに出てきています。。。

Lorax は2週間のみの開演でしたが、ここのシアターではこのように期間限定で時々大人だけではなく、子供も楽しめる演目が予定されるのでこれからも目が離せません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です